どこまでも借金まみれに陥る危険性とは!?

どこまでも借金まみれに陥る危険性とは!?

大変時間が少ない中で借金まみれになってしまうのはかなりもったいないかなと思っている。

 

 

 

結構前半から後半になりつつある中で。

 

 

まず1個や2個知らないと結構やばいかもしれない。どうでも良いかもしれない借金ですが、どうぞお付き合いいただきたいと思いますね。

 

 

 

実施するべきところはとにかく行動をする前に何をするための知識なのか?分けて理解をする必要があるのだろう。

 

 

 

債務整理も含めていざ借金を背負うと知らないこともすごく多いですよね。外部的な知識を得ることは今までにないレールを見つけるパターンになるかもしれません。

 

 

 

今からでも意識的に借金まみれにならないための方法を見つけるかもしれません。

 

 

 

損をしている事ってどうですか?いたくないですか?

 

 

 

自分が例えば月収100万円を稼ぎたいなら本当に自分が稼いでいる自分を作り出さなければならない。

 

 

 

心を変えるのはすごく大変だ。

 

 

 

でもさ。本当にその願いを達成するならそれに対する人格とかにも変革していくので良いんじゃないですか。

 

 

 

今日はいつも洗濯に使っている、液体の洗剤が少なくなってきたので薬局に買い物に行きました。
いつもの洗剤を買おうと思ったら、びっくりするほど安い値段が付いておりあまりにも値段が違うので何度も見直しました。

 

棚に置いてある洗剤と、大きな値札のビラカードを何度も見比べて間違いないと思ってレジに持っていたら、いつもの高い値段でした。
レジに通したら、予想以上に値段が高かったので値段の表示が違うことを店の人に伝えると、間違っていませんと言われてしまいました。

 

それなら買わないといって返却しましたが、そのあとを腑に落ちないと思って売り場を見に行ったら、私が見た値段のカードが片付けられていました。

 

どうやら間違って張り付けていたようで、それなら間違ったことをそのまま私に伝えればいいのに何となく嫌な気持になりました。

 

いつも買いに行く店なので、できることならほかの店で買いたくないのですが、こんな嫌な経験が一つでもあるとその店に行きたくなってしまいますよね。

 

 

 

特に投げる事を理解しておくと良いかもしれませんね。テーマ的には借金だけになるんだろうな。

 

 

債務整理

 

特に私の生活ではこれをするようにしています。責任を持てるような考え方でいたいですよね。

 

 

 

 

 

成果をだしてから借金をしてしまったら本当にもったいない。お金を持ったらな消費をするのではなく、投資をするべきなのだ。
それは金融資産なのか?銀行なのわからないけど、自分で大きな壁を作っていく。

 

 

借金まみれになる危険性を考慮をしながら1年後の自分に向かって歩いていけば過去すらも変えることができると思っています。

 

 

 

その瞬間だったらダメだと思っても3年後にはひょっとするとすごくプラスの事だったこともあるわけです。

 

 

 

では実際に質疑応答にしていきましょう。

 

 

 

 

 

やっぱり話を聞いて思ったのは構造としてはすごく簡単で4つぐらいしかないんですね。

 

 

 

 

ただ履き違えたらいけないのがこの4つ人つでも狂っていると何も生み出さない。それだけ0から3を生み出すのは時間がかかるし、しんどいということだ。

 

 

 

夜逃げをするなら時間とかもかなり重要なんだろうなって思うようになってきた。

 

 

 

あくまでも夜逃げの方法はあるひとつの原点に基づいているのかもしれない。リスクを背負いながら勝負をするなら自分のせいにしないといけないね。